Exhibition (2018.2)


◇eavam workshop(only 4 days)

2/2(fri)-5(mon) 12:00-19:00(最終日17時まで)

安全で上質な原材料をもとに、タイ北部の古都チェンマイで石鹸、バーム、ガス―ル(クレイ洗浄料)などの基礎化粧品の開発を手掛けるeavam。

シンプルで、美しく、心豊かな暮らしを大切に考え続けるeavamさんのものづくりに惹かれ、今回特別に、ワークショップを兼ねて4日間のみの展覧会をお願いしました。

特にあたかも“泥石鹸”のようなガスールの心地よさは虜になるほど。

ぜひこの機会にお試しいただきたいと思います。

ワークショップはリピートするほど発見の多い構成になっています。

◇workshop時間帯

(ゆっくり時間をとっておりますが、1時間以降は退出も可能です)

 

2日(fri) A:15〜16時半/C:19〜20時半

3日(sat)B:13〜14時半/C:18〜19時半

4日(san)A:13〜14時半

5日(mon)B:15〜16時半

 

A:eavam代表 大橋二郎さん

B:eavamのキーパーソンfromチェンマイ 花岡安佐枝さん

C:ゲスト

2日(fri)C:19~20時半  細川景子さん(自然農法を始め食の世界にも精通)

3日(sat)C:18~19時半 スールネ田仲千春さん(アロマスタイリスト

 

*各回5名まで(要予約・shino@wa2.jpまで)

*参加費2000円(ガス―ルのお土産付)/ リピート参加費半額(お土産無)

*内容:モロッコのお茶を楽しみながら、現地のガスール作りの様子やガスールの鉱山、トルコのアダテペ村のオリーブオイル製造の様子などをご紹介した後、実践編としてガスールの溶かし方、肌への付け方、洗い流し、バームケアなどを体験していただきます。

★A・B・Cで内容は変わります。リピートでガスールの奥深さを実感できます。


◇竹下洋子『Skirt360 °』

2/7(wed)-11(sun) 12:00-19:00(最終日17時まで)

「纏うカタチという制約から自由に開放してくれるskirt。360°どの部分も主役に纏える。この造形的贅沢さは他のアイテムにはない。

絵を始めた頃、最初に苦しんだのがキャンバスの四角だった。その次が平面性だった。壁から離れたかったし何処かへ連れて行きたかった。最初は与えられた表現の場に自由を得たがそのうち不自由になる。自由ー不自由その幾度かの繰り返しで先へ先へと進んで来た20年のクリエーションの道程を想う。

しかし、skirtはずっと自由だった。

Skirt360° 2018年はskirtに御礼をしたい。

私にできる限りの素材と手法で。Yoko」


◇麻殖生素子さんのきもの観

2/12(mon)-14(wed) 12:00-18:00(最終日17時まで)

屏装作家の麻殖生素子さんがコレクションのお着物を大放出の着物市。アンティークから現代作家の着物までどれも嬉しいプライスで。着物の世界を試してみたいビギナーの方はいい機会です。


◇Mindy 「装層~彼方からの装身具・化石と地層」

2/19(mon)-24(sat) 12:00-19:00(最終日17時まで)

時空を交差して眠り、巡り、太古から伝承し、

いまその延長にわたしたちが在る。

それらの堆積を身に装い、纏えば、

なにか忘れかけていた大切な記憶が蘇る気がする。

化石の装身具や、各地で採取した土で染めたヴィンテージカディの美しさ。

古布の衣。

WONDER FULL LIFEの菱染め織布をカスタムしたスペシャルコラボ作品も並びます。