Exhibition (2020.2)


◇中田 篤 × 中田有香『陶と植物』

2020.2/2(sun)-7(fri) *終了しました*

暮らしの中で目に留まった実や植物を用いて

アートを作る中田由香。

クールさと茶目っ気の絶妙なバランス、また漆を

陶の表情に加える中田篤。

 

陶器と植物…二つの視点から、

<いつか見た風景>を二人がワッツで描く。

今回は照明も初登場!


◇『ardor de l’alme』Pre debut Exhibition

◇2020.2/9(sun)-13(thu)  *終了しました*

紡ぎの糸、手織の生地、手彫り木版によるプリント、草木染め、手刺繍などインド各地で活躍している様々な職人と出会い、生まれたブランド、

『ardor de l’alme(アルドール デ ラルメ)』。

素晴らしい伝統の手仕事を、現代を生きる女性の日常にさりげなく採り入れています。シンプルな中に、ふと嬉しい発見がある。

それがardor de l’almeの魅力です。

2021年の本格デビューの前に、特別なプレデビューを一足早くワッツで体験してください。


◇ワッツin大阪@トモダチノ家

◇2020.2/15(sat)-17(mon)  12:00-19:00  (lastday-17:00)

★2/15(sat) 16:00- talk event(川崎*トモダチノ家「アートな夕べ」)

ワッツに携わってくださっている作家の方々を大阪でご紹介します。


◇MICHAIL GKINIS AOYAMA「着るARTストール」

◇2020.2/21(fri)-22(sat)  12:00-19:00  (lastday-17:00)

「ミハイルギニスアオヤマ」は、20代にロンドンでファッションを学び、日本のテキスタイルに魅せられ東京に移住したギリシャ出身のミハイルギニスと、プロデューサーのギニス青山祐子のユニット。服の起源である1枚の四角い布を巻いていた古代ギリシャの服と平面的発想の日本文化を織り交ぜ、現代化した[着るARTストール]を創ります。また、日本の生地のすばらしさを世界に発信しています。ストールとは違う感覚をぜひ纏ってみてください。

https://www.michailgkinis.com/


◇竹下洋子展「黒いシルクのセーターに赤いスカートをはいて、 空を飛ぶ? 海を渡る?」

◇2020.2/24(mon)-29(sat)  12:00-19:00  (24(mon)-18:00/lastday-17:00)

「赤と黒を着る。

私の永遠の憧れでした。

モノトーングラデーションの世界を、

キュッキュッと鳴くシルクの糸で手編みして、

赤い糸たちをひきそろえて歌いながら編む。

そんな幸せの、「赤と黒」。

春を待つ、貴女のハートに響いてほしい。

               竹下洋子」

 

ワッツでもお馴染み、洋子さんの独特な世界観が打ち出されたニット。