Exhibition (2022.6)


ADO HINO展「move on」

2022.5/29(sun)-6/4(sat) 12:00-19:00( last day -17:00)全日ADOさん在廊

アメリカ在住ADO HINOさんのアートジュエリー。

「2年ぶりのワッツです。世界も周りも自分にも色々な出来事がありますが、

とにかくmove on!前に進もう by ADO」

 

昨年9月に長年暮らしたマサチューセッツ州からメリーランド州に移住。

1993年「KIFFA INTERNATIONAL」設立、その後コスチュームジュエリー「FILLY」を展開。2020年コラージュ作品「KIFFA DECO」を立ち上げた。2021年から「KIFFAみんなの展覧会」主催。今年は「move on」を自身のテーマにした作品を制作する。

 HP:www.adokiffa.com  Facebook:Kiffa International   Instagram: adokiffa


沢田英男 彫刻展

2022.6/13(mon)-18(sat) 12:00-19:00( last day -17:00)

*初日12時〜16時のみ予約制となります。16時以降は自由にご入場いただけます。

*予約のお申し込みは6/5 午前10時より、メールにて受付けます。詳細は後日アップいたします。(電話では受け付けておりませんのでご了承願います)

「今の作風になるまで私は長い彫刻の歴史を丁寧にたどってきました。

古来、人は彫刻を作る事で何をしたかったのか、どういう工夫を重ねてきたのか考えてきました。

簡素な作りの小さな彫刻ですが、人にとって一番大事なもの「生きている事」ただその一点だけを表したいという思いで作っています。

彫刻は人にとって本質を表現できる媒体だと今でも思っています

(沢田英男)」

 

人によって「生きている事」の捉え方は千差万別ですが、

それぞれの世界の中に、生きていることの味わい、厚みがあります。

「生きている事」というとても重みのある人間のテーマを

とても削ぎ落とした形で表す、この究極さに沢田さんの彫刻の面白さがあるのだと思います。


廣川じゅん 絵画展

2022.6/25(sun)-7/2(sat) 12:00-19:00(sun- 18:00 / last day -17:00)

*作家在廊日時についてはお問い合わせください

色彩豊かな風景を描く廣川じゅんさん。

「波や風の音、植物や大地の匂い、温度や湿度感など、誰もに刻まれているだろう記憶」を表現しています。

具象で描き続けてきたこのテーマを抽象で掘り下げることをここ数年試みてきました。

今回は小さなキャンバスを直接具象を描くパレットとして使い、その後それ自体を抽象としてさらに仕上げることにより、同じテーマの具象と抽象を表現しています。

 

さあ、じゅんさんが導く記憶の旅に出かけましょう。