クラウドファンディング『ギャルリーワッツ オーナー川崎淳与 出版記念 「元気におかえりなさい」』が終了しました。
タイトル通りにいかなかったことがとてもとても残念ですが、この場づくりによって、川崎とワッツがどれだけ愛されていたかを知り、この21年の厚みを川崎とともに再確認できました。

闘病中、皆さまからいただいたメッセージを伝えながら、
「あつよさん、すごいね。みんなに愛されて幸せね」って言ったら、
「私ね、本当に全身全霊、ひとりひとり愛情をもって接したわ」と、それはブレのない凛とした返事でした。
なんなのだろう、この何とも言い表せない天性?の包容力はと、私は身内感抜きにして、川崎の神秘さを感じずにはおれません。

終了後にCAMPFIREから送られてきた詳細を見て、感動のあまり、まず私自身ひとしきり泣いた後、ひとりひとりのお名前を川崎の写真を前に伝えました。
「まあ!」「あらぁ」とか言い、それぞれの方との一コマを思い出しながら喜んでいる姿がはっきり見えました。
みなさまには感謝をお伝えしきれないほど私たち感動しております。
ありがとうございました。

川崎は常々、「いいギャラリーにしよう。でないと、『ワッツ』に申し訳ない」という言い方をしていました。
「ワッツに行くとワクワクする」「ワッツから学んだ」「ワッツで素敵な作家たちと出会った」「『あの』ワッツで…」などと、ワッツを特別に思ってくださる方がたが多く、川崎も私もワッツを通してたくさんの経験を得ました。
ですので、単なる箱でないワッツの存在力を感じています。

かつて、ご縁のあった所沢の保育園のこどもたちのアート展を10年間に渡り開催していました。
園内や公民館での発表会でなく、アーティストや感度の高いお客さまが訪れるギャラリーで発表することは、長い目でみたときに子どもたちにも親たちにも、その体験が感性をさらに開花させることに繋がるという川崎の考えのもとです。

子どものアート展は大人にも良い刺激になるので、またワッツの企画の中に復活させようと常々話していたところに、子どものアート教室をしている青年と川崎が出会い、初対面ながら意気投合しました。
5月の連休にはワッツの場を子どもたちにプレゼントしてアート展を開くということになっていましたが、コロナ禍で残念ながら中止になりました。

そのようなこともあり、ずっと川崎が望んでいた子どものアート展を実現させるために「小さなアーティストプロジェクト」を実行できることを嬉しく思います。
想像以上に多くの方の賛同があり、おもいきり開催できることを感謝申し上げます。だいたいのイメージはありますがこれから構想を煮詰めていきます。アーティストの方々へはご協力のご相談をさせていただくこともあると思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

もともと、川崎へのエールメッセ―ジの受け皿として立ち上げたクラウドファンディングでしたが、どんどん金額が膨らむので、「すごいことになっている、どうしよう」なんて山さんに話したら、うたた寝していると思っていた川崎が「何回でもやればいいのよ、子どもたちのために」って言ったときには、「わ!いつでも仕事モード!!」と川崎のバイタリティを見せつけられました。(笑)

 コロナで疲弊しがちな空気感がある中、心の行き場となれるアートの力強さを実感しています。
 川崎の口癖、「人のために役に立てる自分でいたい。そして感謝して1日を笑って終わろう。でないと生きてきた甲斐が無い」。肝に銘じて、いい展をして紡いでいきたいと思っております。

 

ありがとうございました! 
ギャルリーワッツ 山本詩野


【書籍のお知らせ】

ギャルリーワッツオーナー川崎淳与の書籍「80代の今が最高と言える」が主婦の友社より発刊されました。

全国の書店、Amazon、ワッツでご購入いただけます。

「衣食住、暮らしの中にすべてアート要素がある」と言う川崎の生き方が綴られています。

どうぞ、ご高覧くださいませ。